トップページ >  トリートメントの成分 >  シリコン

トリートメントに含まれるシリコンの成分名は?ノンシリコントリートメントなのかはここをチェック!

ノンシリコントリートメントとは


最近、注目されているノンシリコンタイプのシャンプーやトリートメント。 「ノンシリコン」なのですからシリコンが入っていないということはわかりますが、 そもそもシリコンとはどんなものなのでしょうか。

シリコンとは、人工的に作られた高分子ポリマーのことで、髪をコーティングしたり 指通りを滑らかにする作用を持っています。 ヘアケア製品以外でも赤ちゃん用品や化粧品、医薬品にも使われている物質なので シリコン自体は体に害があるようなものではありません。

では、なぜノンシリコンが注目されているのかといいますと、髪の手触りや滑らかさを重視するあまり、 シリコンを大量に配合している商品が多数出回っているからです。 大量のシリコンが入ったものは、手触りこそよくなりますが、簡単に洗い流すことができないため、 髪にシリコンが残ることでカラーが入りにくくなったり、パーマがかかりにくくなったりするといわれています。 また、頭皮の毛穴を詰まらせる恐れもあるのです。 そのため、美容業界ではシリコンを敵対視する傾向が強まり、 ノンシリコンのシャンプーやトリートメントを使う人が増えてきたようですね。

ただし、ノンシリコンといってもシリコンの代表として知られている「ジメチコン」や「シリカ」「シラン」などが入っていないだけで その代わりとなるような合成界面活性剤が配合されていることも多いのです。 そして、それらの物質のほうがシリコンよりも頭皮に有害なことも少なくないのです。 ノンシリコントリートメントを選ぶ時には、配合されているコーティングなどもしっかりと確認することが大切です。



トリートメントに含まれるシリコン

最近、シリコンは毛穴をふさいだり、代謝を妨げるという悪影響があるということで、ノンシリコンシャンプーの需要が高まっています。ヘアケア用品を買うときに、気にする人も増えているのではないでしょうか。
しかし、ノンシリコンシャンプーとセットで売られているトリートメントには、普通にシリコンが使われていることもあります。これはどういうことでしょうか?

シリコンは、髪をコーティングして守ってくれる成分のひとつです。
ノンシリコンシャンプーのデメリットとして、髪がパサパサになりやすいことがありますが、トリートメントでこれがカバーされます。トリートメントは地肌にはつけないので、毛穴をふさぐ心配もほとんどないと言えます。

しかし、カラーやパーマは入りにくくなりますし、髪に残り続けることでキューティクルが傷ついてしまうことも。もともと油分が多い髪質の人には、余計ボリュームダウンしてしまうというデメリットもあります。
最近はノンシリコンのトリートメントもたくさんありますので、気になる方はそちらを選ぶのが無難でしょう。

シリコンの配合が少量、少品種の場合は問題ないのですが、多量、多品種なら気にしたほうが良いですね。
商品の成分表は、濃度順に書かれています。先頭にシリコン類が書かれていないか、また多くのシリコン類が書かれていないかをチェックしてみましょう。
また、シリコンは「ジメチコン」「シクロメチコン」などの表記で書かれています。そのままシリコンと書かれていることは少ないです。

以下にシリコン類の代表例を挙げてみましたので、成分チェックの参考にしてみてください。



代表的なシリコン

(シリコン油系)
ジメチコン、ジメチコノール、トリシロキサン、トリメチルシロキシケイ酸、ステアロキシトリメチルシラン、メチコン、カプリリルメチコン、ステアリルジメチコン、セチルジメチコン、フェニルジメチコン、(ジメチコン/ビニルメチコン)クロスポリマー、アルキル(CX-CXX)ジメチコン、ポリシリコーン~N、シリ、フェニルトリメチコン、PCAジメチコン、ポリシリコーン-15

(揮発性シリコン系)
シクロメチコン、シクロテトラメチコン、シクロペンタメチコン、シクロヘキサメチコン、シクロペンタシロキサン

(水溶性シリコン系)
ジメチコンコポリオール、PEG~ジメチコン、PEG~メチルエーテルジメチコン、PCA-Naメチルシラノール、PEG/PPG~ジメチコン、アミノプロピルジメチコン、アモジメチコン、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン、メチルシラノール乳酸、リシンシラントリオール、ビス(C13-15アルコキシ)PGアモジメチコン



トリートメントはノンシリコンがいい


シリコンが頭皮に蓄積されたり、髪をコーティングしてカラ液やパーマ液を入りにくくするといわれていることから ノンシリコンシャンプーやノンシリコントリートメントが人気を集めています。 今も次々とノンシリコンタイプのヘアケア商品が発売されていますね。

確かにノンシリコンは髪によさそうなイメージがありますが、シャンプーは別として トリートメントの場合、ノンシリコンと謳ってはいても、髪に油膜を作ったり、指通りを滑らかにする成分は必ず配合されているのです。 トリートメントの目的が髪に栄養を与えて、手触りをすべすべにしたり、髪を健康に導くことので そのような作用がある成分が入っていなければ、トリートメントとしての意味がないのかもしれませんね。

そこで注意が必要なのは、その成分です。 シリコンの名前は結構知っている人も多いようですが、シリコン以外で同様の働きをするものは 合成界面活性剤が多く、中でも低分子カチオン界面活性剤はシリコンよりも気をつける必要があるといわれています。 強い柔軟性を与えることができる反面、たんぱく質変性作用を持っているため、 たんぱく質がほとんどを占める髪にとっては有害になるのです。

ですから、ノンシリコントリートメントを選ぶ時は成分までしっかりと確認することが大切ですね。 その上で、できるだけ頭皮は避け、毛先などを中心にしっかりと浸透させることで ノンシリコントリートメントの良さを十分得られるはずです。 ノンシリコントリートメントの種類はたくさんありますが、洗い流さないタイプは長い間、髪に留まり、 髪を保護してくれるのでより高い効果が得られますよ。



定番商品や話題のトリートメントを成分ごとに評価してみました。購入の際の参考になさってください。↓