トップページ >  人気のトリートメント >  トリートメントモイストリペア

ジュレーム トリートメント モイストリペアの成分を鑑定!

ジュレーム トリートメント モイストリペアの成分を、 トリートメントを構成する成分構成として
「トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分)」
「トリートメント成分(髪のキューティクルを保護する成分)」
「サポート成分(保湿・抗菌などの効能成分)」
「悪い成分(刺激性界面活性剤)」
「悪い成分(シリコン)」
「悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤等)」
ごとに分けました。 ジュレーム トリートメント モイストリペアの成分が何に使われているかがわかります。

トリートメントを構成する成分
トリートメントの成分の分類 商品中の配合成分 効能成分が商品に
含まれているか
トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分) イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD
トリートメント成分(表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分) ワセリン,ステアリン酸グリセリル,ミネラルオイル、PEG-10水添ヒマシ油
サポート成分(保湿・抗菌などの効能成分) アルニカ花エキス,カミツレエキス,セイヨウキズタエキス,トコフェロール,、エーデルワイスエキス、オレンジフラワー水、 セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、 ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、 ブドウ葉エキス
悪い成分(刺激性界面活性剤) ジステアリルジモニウムクロリド,ベヘントリモニウムクロリド
悪い成分(シリコン) なし
悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤等) イソプロパノール,メチルパラベン、BHT.ソルビン酸k、安息香酸Na

ジュレーム トリートメント モイストリペアの全成分

水、PG、ワセリン、セテアリルアルコール、PPG-52ブチル、ジステアリルジモニウムクロリド、アルニカ花エキス、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、エーデルワイスエキス、オレンジフラワー水、カミツレエキス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トコフェロール、ハマメリスエキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ブドウ葉エキス、BG、BHT、PEG-10水添ヒマシ油、イソプロパノール、エタノール、クエン酸、グリセリン、ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-39、ミネラルオイル、リン酸、ソルビン酸K、メチルパラベン、安息香酸Na、香料


ジュレーム トリートメント モイストリペアの成分のポイント

8種の天然エキスを配合だが悪い成分も多め

3種の花々のエッセンス、オレンジフラワー水、5種の植物エキス、PGを配合し、花と植物の恵みで髪を潤し、乾燥から守ります。

天然由来アミノ酸誘導体がダメージヘア修復

高密着ヒアルロン酸はキューティクルを密着補修し、天然由来アミノ酸誘導体がダメージホールまで浸透補修、浸透性多重層カプセルが傷んだ部分を集中補修する事で、ダメージに効率的に働きかけます。

花々の贅沢な香り

オレンジ・マンダリン・ガーデニア・チュベローズ・ピオニー・ジャスミン・ピーチブロッサム・イランイラン・ムスク・アンバー・バニラが華やかに咲き誇るかのような花々の贅沢な香りを演出します。


ジュレーム トリートメント モイストリペアは「ふつう」

8種の天然エキスを配合だが悪い成分も多め

トリートメント成分・・・ (6点満点)
悪い成分・・・・・・     (3点満点)

総合評価・・・     (9点満点)




ジュレーム トリートメント モイストリペアの商品詳細

ジュレームのトリートメント、モイストリペアは、乾燥して広がりやすい髪も、毛先まで深く潤いを浸透させます。
髪と地肌をいたわり、髪の芯まで保湿・補修をいきわたらせます。厳選された、活き活きと咲く花々、太陽の光をたっぷり浴びた植物から抽出された、髪に潤いを与えるためのエッセンスは、しっとりまとまる、指通りの滑らかな髪を実現します。

10種類以上の植物が織りなす濃厚な花々の香りは、華やかで麗しい女性が持つ魅力をよりいっそう引き立てます。

キューティクルから髪の芯まで、高機能補修成分が効率的に働きかけ、ダメージレスな髪をつくります。
ですが、悪い成分も多めなので、取り扱いには注意が必要です。
価格 972円
内容量 500ml
特典 なし


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1のトリートメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら