トップページ >  人気のトリートメント >  ビゲン トリートメントリンス

ビゲン トリートメントリンスの成分を鑑定!

ビゲン トリートメントリンスの成分を、 トリートメントを構成する成分構成として
「トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分)」
「トリートメント成分(髪のキューティクルを保護する成分)」
「サポート成分(保湿・抗菌などの効能成分)」
「悪い成分(刺激性界面活性剤)」
「悪い成分(シリコン)」
「悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤等)」
ごとに分けました。 ビゲン トリートメントリンスの成分が何に使われているかがわかります。

トリートメントを構成する成分
トリートメントの成分の分類 商品中の配合成分 効能成分が商品に
含まれているか
トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分) 加水分解ダイズタンパク、加水分解コンキオリン、加水分解卵白
トリートメント成分(表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分) ジメチコン、アモジメチコン、アミノプロピルジメチコン、メトキシケイヒ酸オクチル
サポート成分(保湿・抗菌などの効能成分) カミツレエキス、加水分解ダイズタンパク、加水分解コンキオリン、加水分解卵白、セイヨウノコギリエキス、フキタンポポエキス、オトギリソウエキス、セージエキス,アルテアエキス、サリチル酸
悪い成分(刺激性界面活性剤) ラウレス硫酸Na
悪い成分(シリコン) ジメチコン、アモジメチコン、アミノプロピルジメチコン
悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤等) メチルパラベン

ビゲン トリートメントリンスの全成分

水、ラウレス硫酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、DPG、コカミド、DEA、塩化Na、加水分解ダイズタンパク、加水分解コンキオリン、加水分解卵 白、セイヨウノコギリエキス、フキタンポポエキス、オトギリソウエキス、カミツレエキス、セージエキス、アルテアエキス、クエン酸、ポリクオタニ ウム-10、BG、エトキシジグリコール、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、サリチル酸、メチルパラベン、メトキシケイヒ酸オクチル、香料,


ビゲン トリートメントリンスの成分のポイント

プロテインと植物抽出成分エキスを配合。悪い成分も多め

3種のプロテイン(毛髪保護成分)、6種の植物抽出成分エキス(うるおい成分) が髪を保護し、 うるおいを与えます。

弱酸性に保ち、キューティクルを引きしめ

ヘアカラー後の髪を弱酸性に保ち、キューティクルを引きしめて、良い色を長続きさせるのに効果をアップさせます。

マニキュアコート成分とミクロシリコンを配合

髪をやさしくコートしつややかでサラサラの状態に仕上げる、マニキュアコート成分とミクロシリコンを配合しています。


ビゲン トリートメントリンスは「見送り」

プロテインと植物抽出成分エキスを配合。悪い成分も多め

トリートメント成分・・・ (6点満点)
悪い成分・・・・・・     (3点満点)

総合評価・・・     (9点満点)




ビゲン トリートメントリンスの商品詳細

ビゲン トリートメントリンスは、ヘアカラーの技術から生まれた白髪染めした髪用のトリートメントで、白髪染めをした髪をしっとりしなやかに、良い色持ちも長持ちさせてくれるのにとても役立つトリートメントです。
カラーリングした髪を弱酸性に保ち、キューティクルを引きしめ、やさしくコートして、カラーリングした髪の色持ちをアップさせます。白髪染めした髪を保護し、うるおいを与えてくれるトリートメントです。髪をやさしくコートしつややかでサラサラの状態に仕上げる成分も配合されています。心地よいフローラルブーケの香りです。
ですが、悪い成分も多めなので、取り扱いには注意が必要です。
価格 864円(メーカー希望小売価格)
内容量 600ml
特典 なし


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1のトリートメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら